消費者金融はなぜ即日融資ができるのか?

最近は銀行でも即日融資をしているところがありますが、消費者金融では即日融資が常識化しています。

 

当然、審査に落ちた人は借入自体ができませんが、審査に通れば振込キャッシングにしろ、ATMからの借入にしろ、申込んだ当日に融資を受けられます。

 

即日融資ができる2つの理由

 

初めてキャッシングに申込む人は即日融資に対して疑問を抱かれるのも無理はありません。

 

「新規申込者の情報は何も無いのだから、すぐに審査の結果が出ないのではないか?」、「初めての利用の場合は手間が掛かって、時間的に当日中の処理はできないのではないか?」などの思いを持つのも当然です。

 

消費者金融が即日融資のできる理由は主に2つあり、1つ目は仮審査がすぐに終わるからです。消費者金融の審査にはコンピュータによる「スコアリングシステム」が採り入れられており、瞬時に貸出の可否の判断ができるようになっています。

 

スコアリングシステム

 

スコアリングシステムというのは、消費者金融が長年のキャッシング事業によって培った莫大な数の情報を年齢や年収、勤務先の規模、雇用形態、勤続年数、家族構成など同じ属性を持つ利用者のグループに分け、各グループの借入や返済実績などを評価し、その評価を数値化してコンピュータに入力したものです。

 

そして、キャッシングの申込があった際に、申込者の属性情報をコンピュータに入力すると同じ属性のグループと照合され、申込者の評価値がすぐに出力されます。

 

例えば、申込者と同じ属性を持つグループに返済事故が多かったり、多重債務の傾向があったりすると、コンピュータから出力される評価値は低くなっています。このように、仮審査がコンピュータによる自動化されたことで、瞬時に終わるようになっています。

 

貸金業法による指定信用情報機関制度

 

2つ目は貸金業法による指定信用情報機関制度の導入が影響しています。現在は指定信用情報機関制度によって、消費者金融は指定信用情報機関への加盟が義務付けられています。

 

また、消費者金融が行ったキャッシングの記録はすべて指定信用情報機関に登録されます。登録される情報には利用者の個人情報のみならず、キャッシングの契約金額から借入金額、返済金額、銀行口座、滞納の有無など、すべての履歴が含まれています。

 

そして、キャッシングにおける審査では、必ず申込者の信用情報を指定信用情報機関に照会するシステムになっており、申込者のすべてのキャッシングにおける借入履歴や返済事故記録などが容易に確認できます。

 

以上の2点によって、消費者金融は即時に審査を終えることが可能になり、即日融資が実現しました。