カードローンへの主婦の申し込みはどんなポイントが審査される?

審査基準はカードローン会社の形態や収入の有無によって違う

 

カードローン審査に主婦が申し込みをする場合、一体どんな事柄が重視されるのでしょうか?それはやはり、主婦本人に返済能力があるかどうかというポイントです。パートやアルバイトなどで収入を得ている兼業主婦のほうが、審査においては有利ということになります。

 

ただし、消費者金融系のカードローンは年収3分の1までしか融資が受けられないということは把握しておきましょう。

 

では、専業主婦の人はカードローンが持てないのでしょうか?まず消費者金融系のカードローンというのは総量規制の都合で、年収のある人にしか融資できない規則になっていますので、専業主婦は持つことはできません。

 

ただし、銀行系カードローンなら申込者本人の年収金額を基準に融資額を決めているわけではないので、専業主婦の方も申し込みできます。

 

専業主婦がカードローンを申込む場合

 

また主婦の方のカードローン申し込みは、配偶者である夫の年収や勤続年数、ほかからの借り入れ状況などについても審査され、夫の信用度合いによって作成できるかどうかが決まってきます。

 

ですので、夫の金融履歴に返済遅延や滞納といった情報があったり、転職間もない状態で職場での勤続期間がかなり短いというような場合、審査を通過できない可能性が高くなります。

 

もっとも、昨今は専業主婦に対応したカードローンも多くなり、主婦本人だけでなく配偶者の所得証明書も提出しなくていいという、主婦の方にやさしい条件のカードローンも増えてきました。

 

複数のカードローンにまとめて申込むのは危険

 

注意していただきたいのは、なかなか審査を通過できないからといって、安直に複数のカードローンにまとめて申し込みを行ってはいけないということです。

 

短い期間に多重申し込みを行ったという情報が履歴に残ると、その後ほかのクレジットカードやローンに申し込んでも、悉く断られる要因となってしまうからです。