無収入の専業主婦や無職者の人がカードローンを持つことは可能?

無収入の専業主婦や無職者ではカードローンなんて持てるはずがない、そう思っている人も多いことでしょうが、果たして主婦や無職の方がカードローンを所持する方法はないのでしょうか?

 

実は、専業主婦や無職の人も一定レベルの収入を得ていることを証明できれば融資が受けられる、そんなカードローンは存在するのです。

 

安定した所得があれば無職でも融資を受けられる可能性はある

 

無職でありながら収入があるという状況はイメージし辛いかもしれませんが、ホームページ運営やアフィリエイト、在宅ワークや株取引で安定的な収入を得ている人はいるものです。

 

また、今現在の状況は無職であっても先々働く予定が決まっていたり、まだ勤務先は決まっていないものの派遣会社に登録が済んでいる状態であったり、一時的に休業中である人なども、カードローンの利用が可能になることがあります。

 

ただし、こういった条件では極一部のカードローンしか申し込みに対応していない、ということは把握しておくべきです。

 

さらに、年金で生計を立てている方も申し込めることがあるようです。しかし60〜70歳までの年齢制限が設けられているカードローンが大半であることを考えると、必ず利用できるとは思わないほうが賢明です。

 

安定した収入が証明できればカードローンを持てる可能性がある

 

より突き詰めて考えると、たとえ無職であっても配偶者や親権者、世帯主に安定的な収入があることを証明できれば、カードローンが持てる可能性は高まります。

 

ですから、無収入の専業主婦であってもカードローンを諦める必要はありません。ただし自分に収入が無い以上、夫の収入を証明する書類抜きには申し込めないことを踏まえると、夫や家族には秘密にしたままカードローンを持つ、ということはほぼ無理です。

 

つまり、無収入の方がカードローンを持つことは一筋縄にはいかない問題が山積しているということなのです。