無収入の専業主婦でもカードローンの利用はできる?

収入のない専業主婦(専業主夫)でも、カードローンの利用は可能でしょうか?

 

この答えは、どのカードローンを利用するかによって変わってきます。

 

専業主婦は利用できない消費者金融系カードローン

 

専業主婦(専業主夫)の場合、消費者金融系カードローンを利用することは基本的に不可能です。

 

それは、貸金業法改正・総量規制の施行に伴い、“借入は年収の3分の1まで”と定められたため。これにより、“収入のない”専業主婦は、消費者金融での借入・カードローン申請ができなくなってしまったというわけです。

 

ただし、総量規制の例外として、「配偶者貸付」という選択肢があります。つまり、配偶者の収入を頼りにすれば、借入をすることは不可能ではないのです。

 

しかし、その場合には、(収入のある)配偶者の同意書、および、2人の婚姻関係を証明する書類等の提出が求められるということを覚えておいて下さい。

 

配偶者に知られずに“ナイショ”で借入をすることは無理なのです。

 

専業主婦でも利用できる銀行系のカードローン

 

一方、銀行系のカードローンであれば、基本的に専業主婦(専業主夫)でも利用可能です。というのも、貸金業法に沿って運営される消費者金融と異なり、銀行は、銀行のための別の法律(銀行法)に従って運営されているため総量規制の適応対象にならないのです。

 

よって、借入は年収の3分の1以下…という縛りがない銀行系ならば、無収入の専業主婦であってもカードローンサービスの利用は可能となります。

 

銀行というバックボーンをもったカードローンは、より安心して利用できるというメリットもあるのではないでしょうか?

 

ですから、カードローンを利用したいと考えている専業主婦の方は、まず銀行系カードローンの利用を検討されると良いと思われます。最近は、カードローンを取り扱っている銀行が増えてきていますから、自分に合う商品を探してみると良いでしょう。