パートの主婦でもカードローンは利用可能なのか

法律が改定されて総量規制によって、自分で収入を得ていない専業主婦の場合は、消費者金融のカードローンを利用することが出来なくなってしまいました。

 

しかし専業主婦のでもカードローンを利用したいと希望して知いる人も多く入ると思います。その場合若干審査は厳し目になってきますが、銀行系のカードローンであれば利用は可能なのです。

 

銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっており、総量規制が適応されているのは消費者金融だけなのです。

 

収入のない専業主婦の方であっても、配偶者の方の収入証明書などを提出することによって利用が可能となっています。

 

パートであっても安定した収入がれば大丈夫

 

しかし主婦であってもパートやアルバイトで安定した収入を得ている場合には、消費者金融のカードローンは利用は可能です。

 

もちろん銀行系のカードローンであっても申込みは可能となっていますが、一定の年収に達していることが申込みし条件となっており、扶養で働いていることが多い主婦の方では届かない場合がほとんどです。

 

消費者金融のカードローンのほうが比較的審査が通りやすく、パートやアルバイトの方にも対応しているところが多くあります。

 

気になる場合であれば、色々な金融機関のWEBサイトなどを参考にして比較してみるとわかりやすいと思います。

 

年収の3分の1以上の金額は借入れできない

 

一つ注意したいのが総量規制によって、年収の3分の1以上の金額は借入が出来ないということです。これは主婦の方だけでなく、誰にでも適応されてしまう法律なので仕方がないのです。

 

それほど高額な金額の融資を望んでいないようであれば、やはり消費者金融のカードローンの利用するのが良いのではないかと思います。

 

審査が緩いだけでなく、申込みも簡単で審査が早く、即日融資にも対応しているからです。