主婦でもカードローンで借入できる

多くの家庭で家計を管理しているのは主婦でる。

 

毎日、毎月のやりくりでも頭を悩ませているというのに、急な病気や冠婚葬祭、子供の教育に関すること、家電が壊れてしまった、など決して小さくない額の臨時出費が続いてしまう時もあります。

 

お金に余裕があったり、貯蓄もあれば誰だって苦労はしませんがどうしても足りなくなってしまう時だってあるのではないでしょうか。

 

どうしても現金がすぐに必要だがもう余裕がない、でも頼れる人がいないし家族や知人に頼むのも気がひける、という時に味方となってくれるのがカードローンです。

 

銀行系であれば総量規制対象外なので主婦でもカードローンを作れる

 

収入のない主婦に貸してくれるところなどあるのでしょうか?実際、2010年に制定された総量規制法により、年収の3分の1を超える貸し付けが禁止されるようになりました。

 

従って基本的には無収入である専業主婦のような立場の人への貸し付けが規制され、お金を借りることができなくなりました。

 

この総量規制法の対象は貸金業であり、アイフル、アコム、モビット、アコムなどの消費者金融会社が発行するカードローンがその対象となります。それに対して、銀行法という別の法律のもとにある銀行は対象外となっています。

 

従って銀行系のカードローンであれば、主婦であっても持つことが可能なのです。銀行系のカードローンには三菱東京UFJ銀行、イオン銀行などがあります。少し前は消費者金融のイメージが強かったレイクも現在は新生銀行の傘下にあり、銀行系になっています。

 

以上のことから、収入のない専業主婦でもカードローンを作ることができそうです。どうしても借入したい、カードローンが必要という事態になったときは銀行系のカードローンをおすすめします。