主婦がカードローンを利用する際の限度額について

専業主婦がカードローンを利用する場合、希望の額を借りられないことがあるかもしれません。

 

職に就かず、自身に収入が全くない専業主婦であっても大抵はカードローンキャッシングは可能なのですが、利用にあたってはそれなりの借り入れ限度額が設定される為で、その額はあまり高くはなりません。

 

カードローン会社によって異なりますが、専業主婦の限度額の相場としては大体30万から50万程になるようです。

 

しかし、配偶者が現在どのような境遇にあるか等の条件によってはこれも10万位に下がってしまうこともあります。

 

ご自身の債務状況など、借り入れ前には一度チェックしておくのがいいですね。

 

同じ主婦でもパートやアルバイトをして収入がある場合はまた別です。理屈上は総量規制に則って収入の三分の一までは借り入れ可能となるようです。

 

一般的な借り入れ限度額については、ざっと300万から500万あたりが相場となっていますがカードローン会社によって金額は多少違ってきますので、いろいろ調べてみるとよいでしょう。

 

主婦のカードローンでの注意点

 

気を付けるべき点があります。

 

例えば限度額が500万だったとして、初回の借り入れ時にすぐ限度額一杯の500万を貸してもらえる可能性はほとんどないということです。

 

なんのために限度額が示されたの?と思うかもしれませんが、限度額まで借りる為には大体3ヶ月ほどの期間、カードローン会社に信頼されていないと難しいでしょう。

 

ここで言う信頼というのはもちろん、返済日に正しい金額をきちんと返すという行為の積み重ねで得られるものです。

 

カードローンを便利に賢く利用するには、信頼度を上げるのが大事だと言えそうですね。